幸運という名の幻想

【シングル厨ベスト8】ガルランドZ

今回は第34回シングル厨に参加してきました。
結果としましては

予選5-1 2位抜け
ウィナーズ3回戦落ちベスト32位 
ルーザーズ8回戦落ちベスト8位

となり8位入賞となりました。
サンムーンに入ってから成績は著しくなかったので、このような成績を取れたことに対し嬉しく思います。


5c2a7ddd88f81de32a4a9e7c4ef4b8f0.png


以下作成経緯から
サンムーンに入ってからメガガルーラではなくメガボーマンダがメガ主流として台頭しました。
僕も最初はメガボーマンダを使用していたのですがキツネの社・真皇杯と戦績が振るわず悩んでいました。

そこで6世代から使いなれているメガガルーラを軸に考えることに。
丁度その頃シーズン3・4と先発のポケモンで荒らし、ガルーラのグロウで削り、ミミッキュで最終的に締めるガルミミッキュ+@が好成績を残していました。
その案を元に構築を考えることにしました。

最初はニドキング等の範囲の広いポケモンで弱点を突き、同じに動こうと考えました。
ですが結局の所選出や相手に依存し易い為、ポリ2等で受けられるとあっさり不発に終わってしまうのではと考え、@に固執せず純粋にガルーラでサイクルを回す構築に考えを変えました。

自分の考えになる構築を調べていた所、前期高レートを記録した【S4 最高最終2161】大正義ガルーラスタン【最終6位】を見つけ、それを参考に構築を組みました。




以下構築になります。

kangaskhan-mega.gif

ガルーラ@ガルーラナイト
性格:陽気
実数値:181(4)-177(252)-120-x-120-167(252)
技構成:ねこだまし すてみタックル れいとうパンチ ほのおのパンチ

構築のメイン。能力が弱体化し猫すてみに対して火力が足りているのか不安でしたが強さは未だに健在でした。
鋼を崩す為にほのおのパンチ、マンダカバランドに強く出れるようにれいとうパンチを採用。
裏のポケモンを通す為に崩しに扱ったり、裏のポケモンで崩してこのポケモンを通したりと用途は広く文句ない最強のポケモンだと思いました。


landorus-therian.gif
ランドロス@こだわりスカーフ
性格:意地っ張り
実数値:189(196)-198(116)-110-x-100-136(196)
技構成:いわなだれ とんぼがえり はたきおとす じしん

今回のMVP。メガガルーラと同じくらいに強いと感じました。
特に今回の大会ではコケコ・リザが結構多くいたので上から取れるのは非常に強かったです。
同時にカバルドンも想定以上に多く、ランドを出すとカバルドンが受け出しとしてよく出てきました。
そこでは交代を読んで叩き落とすをし、ある程度削りを入れてから裏のガルーラで強引に通したり、とんぼで裏のZ持ちのガルドに繋げたりと臨機応変に対応しました。


aegislash.gif
ギルガルド@ゴーストZ
性格:冷静
実数値:167(252)-71(4)-170-112(252)-170-73
技構成:どくどく シャドーボール キングシールド かげうち

Z枠。主にゴーストZでカバルドンを倒す為の存在。
攻撃を耐えられたりしたとしても裏でどうにか出来た為、さほど気になりませんでした。
このポケモンを通せるかが勝負の鍵になってくるので、役割は単純ですが非常に重要な存在です。
毒はポリ2等の耐久指数ポケモンを倒す唯一の技。


mimikyu.gif
ミミッキュ@フェアリーZ
性格:意地っ張り
実数値:131(4)-156(252)-100-x-125-148(252)
技構成:じゃれつく シャドークロー かげうち つるぎのまい

2枚目Z枠。ガルーラで荒らした後に最後に削りを入れる要員
予選では頻繁に選出していましたがトーナメントを進んでいく内にミミッキュ対策をしている構築が多く選出率は徐々に減っていきました。
ですが選出できた時はきちっと活躍してくれるので非常に頼もしい存在でした。


tapufini (1)
カプ・レヒレ@オボン
性格:控えめ
実数値:177(252)-x-145(76)-127(4)-151(4)-127(172)
技構成 しぜんのいかり ちょうはつ ムーンフォース なみのり

崩し要員。主にガルランドで余りにも突破が困難なサイクル構築に選出をしていました。
受けループに対しては滅法強く上を取って挑発をし崩していました。
調整はSM1シーズンに調整したものなので、この動きをするのであれば今の環境だともう少しSに寄せた方が良いとは思いました。


7fb79e18001b4674bc5a482616b0d1d8ed7af7a0.gif
ポリゴン2@進化の奇跡
性格:控えめ
実数値:191(244)-x-110-165(196)-124(68)-80
技構成:トライアタック 10万ボルト シャドーボール 自己再生

最近よく見かけるポリゴン2。ガルーラの型が違う為、最後の枠は自己再生となってます。
別の記事でこのポリゴン2を見て中々強いと感じ試験的に採用をしました。
本来グロスやカグヤを見る為に採用したポケモンでしたがグロスはギルガルドで、カグヤはメガガルーラでなんとか出来ることが多く、一回も選出することがありませんでした。
マンダ構築と当たることは度々あったのですが、ポリ2を警戒してなのか一回もマンダに遭遇することはありませんでした。
選出誘導としては一役買っていたのでしょうか。
とは言え最後の枠は用検討だと感じました。

【選出パターン】

ガルランドガルド
カバ入りの構築に対して選出。カバをギルガルドのZで削り、残りのポケモンをガルーラでねこ捨て身で削って行きます。

ガルランドレヒレ
受けループに対する選出。レヒレの挑発で相手の回復を阻止し、ランドのはたきおとすで乱して行きます。

予選抜けた後はこの2つの選出パターンで戦っていました。



【感想】
今回の試合は相手の行動を読んで行くことが多く、頭の使う試合が非常に多かったです。
全体的に見直すと勝った試合でも所々プレイングミスが目立つ所が多かったので、今後ももっと視野を広げるよう努力をしていきたいと思います。

長く拙い文章でしたが見てくださりありがとうございました。
スポンサーサイト

超ざっくりメガキャラランク

最近思考が固まっててレート潜れてません・・・(シャドバ面白すぎ)

評価基準は制圧能力と安定性能。安定重視で

Sランク
メガゲンガー
制圧能力、安定性も高い。道連れもあるので最低限の仕事が出来る

A
メガメタグロス
制圧能力はそこまでではないが、安定性はマンダより上に感じる。

メガボーマンダ
制圧能力はグロスよりも上、やはり4倍弱点が気になる。

B
メガリザードンY
制圧能力は多分マンダグロスよりも圧倒的に上。
安定性が残念すぎるのでここらへん

メガガルーラ
安定性が高いが、制圧能力が余りも低い。
取り巻きサポート係

メガリザードンX
安定性はそこそこ。
制圧能力はそこまであるのか疑問。
弱くはないが、なんか見劣りしてしまう。そんなポケモン

C
メガギャラドス
悪の中で活躍できる数少ないポケモン
強力な霊タイプには非常に強く、そこだけが魅力的。
安定性はあるが、制圧能力が微妙。
マンダでよくない?と思ってしまう。

メガルカリオ
格闘の中で唯一活躍できるポケモン
積みという概念が弱体化しているのでなんとも言えない。



ポケモン メガキャラランク 

広告回避用に

1位 リザードン
メガガルの弱体化、ふいうちの弱体化、ガブリアスの動きづらさ等相対的に強くなった。
しかし、Yは物理耐久が貧弱な上に、リザ自体がステロに弱いのでORASのメガガルのように常にメガトップという感じにはなれないだろう。

2位 メガボーマンダ
スキンは弱体化したが、別に気にならないくらいの強さ。
環境が動いてくれば多分メガ使用ランキング1になりそう。

3位 メガメタグロス
強力なフェアリー増加、悪も減少、ガルの弱体化等の環境の変化により強くなった。
メジャーなポケモンには強いが、タイプ相性の悪い面々には勝てない(技次第だが)ので、フォローが必要。

4位 メガガルーラ
前作よりも大幅に弱体化された。
単体性能は上の三体に比べると落ちてしまった印象。
今作のガルーラは単体で制圧するという立場から取り巻きとあわせて数的有利を取っていくという立場になった。
というのが正しいか。
ギミックで真価を発揮するポケモンだと思っているので、自分の中では一位なんじゃないか。と感じている。

他のポケモンは強さが把握できないので、こんな感じ


【簡易考察】マッシブーンの可能性

今回考察するのはマッシブーン

3aad7a37.jpg

野獣先輩に似ていると噂されているらしい。

図鑑説明には
別世界から現れたUB
自らの身体を自慢させてくるが 威嚇はどうかは不明

と他のUBと違うことに関してネタになってもいる。

話は置いておいてこのマッシブーンの種族値はこんな感じになっている。

H107-A139-B139-C53-D53-S79

HBが非常に硬く、A高めでDが低い。
この種族値を見て、似ているポケモンを思い出さないだろうか?



conkeldurr.gif

そう、ローブシンである。
ローブシンの種族値は

H105-A140-B95-C55-D65-S45

となっており、非常に似ている。
共通して覚える技と、マッシブーンが覚えてブシンが覚えない使える技、またその逆を見てみよう。

・共通して覚える使える技
れいとうパンチ
かみなりパンチ
ビルドアップ
しっぺがえし
がんせきふうじ
どくづき


・マッシブーンが覚えてブシンが覚えない使える技

きゅうけつ
はねやすめ


・ブシンが覚えてマッシブーンが覚えない使える技

ドレインパンチ
ほのおのパンチ
マッハパンチ



特性もブシンは こんじょう てつこぶ ちからづくなど使い易いものになっているが、マッシブーンはビーストブーストのみ。
比べてみると火力補正がある分ブシンの方が攻撃は高いため、上位互換とは言えない。
運用としてはチョッキラム等を持たせて戦わせるか、ゴツメを持たせてゴツメローブと同じような運用をするかだろう。
先制技がないのが非常に痛く感じる。


とりあえず、草案として以下のゴツメマッシブーンを考案してみた。

マッシブーン@ゴツメ  性格:陽気
H207(196)-A175(124)-B183(188)-x-D73-S108
きゅうけつ れいとうパンチ どくつきorしっぺがえし アームハンマー

配分はゴツメスイクンを参考に耐久配分したもの。
耐久はメガバシャの特化フレアドライブ確定耐え、Aはれいとうパンチで無振りガブリアスを75%で落とすように調整をした。
Sは特に振ってはいない。
メガバシャーモのフレアドライブはB181までなら確定耐え範囲なので、仮想的がいる場合は削ってDやSに回すのもいいかもしれない。


まだレートに潜れる程の環境が整っていないので、レートに潜って環境を知ってから再度投稿しようと思う。




オフ成績

オフに出てからかれこれ1年が経った。
ORASも終了したということで、シングル6-3オフの成績を振り返ってみた。

明大学際3-0予選抜け1落ち
九尾2-5予選落ち
めーぽけオフ2-2予選落ち
関東予選3-5予選落ち
あめオフ3-5予選落ち
ラストチャレンジ6-5予選落ち
Masters4-3予選抜け1落ち 16位
シングル厨 7-2予選抜け 3-2予選抜け 16位
ABCオフ 7-0予選抜け 準優勝
ちょくおふ4-3予選落ち
へべれけ2-2予選落ち
ぽちゃオフ 5-2予選落ち
あんぐら 6-4予選落ち
カンポケ 6-5予選落ち
えりきゃんオフ 5-0予選受け
あめオフ5-3予選落ち
BCS 5-3予選落ち

予選は殆ど出来てなく、毎度直対などで落ちが非常に多く感じる。
最初はよく後から転がり落ちる感じなので、プレイングを気をつけて行きたい。
他には自分で真面目に考えた構築で挑むと殆どの確率で負け越す(成績が良かったのはABCの構築のみ)ので、今度からは自分の考えた構築で安定して勝てるようになることを考えたい。


 | HOME |  »

プロフィール

toumapoke

Author:toumapoke
訪問ありがとうございます。

成績
BW2最高レート1806
XY最高最終レート 2148
oras最高レート2056 最終レート2012
SM最高レート 1930 


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (17)
ポケモン (10)
レート (1)
対戦オフ (2)
エスパー統一 (0)

カウンター


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる