幸運という名の幻想

≫ポケモン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シングル厨ベスト8】ガルランドZ

今回は第34回シングル厨に参加してきました。
結果としましては

予選5-1 2位抜け
ウィナーズ3回戦落ちベスト32位 
ルーザーズ8回戦落ちベスト8位

となり8位入賞となりました。
サンムーンに入ってから成績は著しくなかったので、このような成績を取れたことに対し嬉しく思います。


5c2a7ddd88f81de32a4a9e7c4ef4b8f0.png


以下作成経緯から
サンムーンに入ってからメガガルーラではなくメガボーマンダがメガ主流として台頭しました。
僕も最初はメガボーマンダを使用していたのですがキツネの社・真皇杯と戦績が振るわず悩んでいました。

そこで6世代から使いなれているメガガルーラを軸に考えることに。
丁度その頃シーズン3・4と先発のポケモンで荒らし、ガルーラのグロウで削り、ミミッキュで最終的に締めるガルミミッキュ+@が好成績を残していました。
その案を元に構築を考えることにしました。

最初はニドキング等の範囲の広いポケモンで弱点を突き、同じに動こうと考えました。
ですが結局の所選出や相手に依存し易い為、ポリ2等で受けられるとあっさり不発に終わってしまうのではと考え、@に固執せず純粋にガルーラでサイクルを回す構築に考えを変えました。

自分の考えになる構築を調べていた所、前期高レートを記録した【S4 最高最終2161】大正義ガルーラスタン【最終6位】を見つけ、それを参考に構築を組みました。




以下構築になります。

kangaskhan-mega.gif

ガルーラ@ガルーラナイト
性格:陽気
実数値:181(4)-177(252)-120-x-120-167(252)
技構成:ねこだまし すてみタックル れいとうパンチ ほのおのパンチ

構築のメイン。能力が弱体化し猫すてみに対して火力が足りているのか不安でしたが強さは未だに健在でした。
鋼を崩す為にほのおのパンチ、マンダカバランドに強く出れるようにれいとうパンチを採用。
裏のポケモンを通す為に崩しに扱ったり、裏のポケモンで崩してこのポケモンを通したりと用途は広く文句ない最強のポケモンだと思いました。


landorus-therian.gif
ランドロス@こだわりスカーフ
性格:意地っ張り
実数値:189(196)-198(116)-110-x-100-136(196)
技構成:いわなだれ とんぼがえり はたきおとす じしん

今回のMVP。メガガルーラと同じくらいに強いと感じました。
特に今回の大会ではコケコ・リザが結構多くいたので上から取れるのは非常に強かったです。
同時にカバルドンも想定以上に多く、ランドを出すとカバルドンが受け出しとしてよく出てきました。
そこでは交代を読んで叩き落とすをし、ある程度削りを入れてから裏のガルーラで強引に通したり、とんぼで裏のZ持ちのガルドに繋げたりと臨機応変に対応しました。


aegislash.gif
ギルガルド@ゴーストZ
性格:冷静
実数値:167(252)-71(4)-170-112(252)-170-73
技構成:どくどく シャドーボール キングシールド かげうち

Z枠。主にゴーストZでカバルドンを倒す為の存在。
攻撃を耐えられたりしたとしても裏でどうにか出来た為、さほど気になりませんでした。
このポケモンを通せるかが勝負の鍵になってくるので、役割は単純ですが非常に重要な存在です。
毒はポリ2等の耐久指数ポケモンを倒す唯一の技。


mimikyu.gif
ミミッキュ@フェアリーZ
性格:意地っ張り
実数値:131(4)-156(252)-100-x-125-148(252)
技構成:じゃれつく シャドークロー かげうち つるぎのまい

2枚目Z枠。ガルーラで荒らした後に最後に削りを入れる要員
予選では頻繁に選出していましたがトーナメントを進んでいく内にミミッキュ対策をしている構築が多く選出率は徐々に減っていきました。
ですが選出できた時はきちっと活躍してくれるので非常に頼もしい存在でした。


tapufini (1)
カプ・レヒレ@オボン
性格:控えめ
実数値:177(252)-x-145(76)-127(4)-151(4)-127(172)
技構成 しぜんのいかり ちょうはつ ムーンフォース なみのり

崩し要員。主にガルランドで余りにも突破が困難なサイクル構築に選出をしていました。
受けループに対しては滅法強く上を取って挑発をし崩していました。
調整はSM1シーズンに調整したものなので、この動きをするのであれば今の環境だともう少しSに寄せた方が良いとは思いました。


7fb79e18001b4674bc5a482616b0d1d8ed7af7a0.gif
ポリゴン2@進化の奇跡
性格:控えめ
実数値:191(244)-x-110-165(196)-124(68)-80
技構成:トライアタック 10万ボルト シャドーボール 自己再生

最近よく見かけるポリゴン2。ガルーラの型が違う為、最後の枠は自己再生となってます。
別の記事でこのポリゴン2を見て中々強いと感じ試験的に採用をしました。
本来グロスやカグヤを見る為に採用したポケモンでしたがグロスはギルガルドで、カグヤはメガガルーラでなんとか出来ることが多く、一回も選出することがありませんでした。
マンダ構築と当たることは度々あったのですが、ポリ2を警戒してなのか一回もマンダに遭遇することはありませんでした。
選出誘導としては一役買っていたのでしょうか。
とは言え最後の枠は用検討だと感じました。

【選出パターン】

ガルランドガルド
カバ入りの構築に対して選出。カバをギルガルドのZで削り、残りのポケモンをガルーラでねこ捨て身で削って行きます。

ガルランドレヒレ
受けループに対する選出。レヒレの挑発で相手の回復を阻止し、ランドのはたきおとすで乱して行きます。

予選抜けた後はこの2つの選出パターンで戦っていました。



【感想】
今回の試合は相手の行動を読んで行くことが多く、頭の使う試合が非常に多かったです。
全体的に見直すと勝った試合でも所々プレイングミスが目立つ所が多かったので、今後ももっと視野を広げるよう努力をしていきたいと思います。

長く拙い文章でしたが見てくださりありがとうございました。
スポンサーサイト

オフ予選5-0【エスパー統一】

簡易的メモ的に。
この前のオフでエスパー統一を使用した。
構築はこちら。

ダウンロード (2)


ヤドキング@とつげきチョッキ
性格:穏やか
技構成:熱湯 冷凍ビーム サイコショック イカサマ

メガゲンガーのシャドーボールを確定三発まで抑え、再生力もあるので安心して何度も特殊に対して後だしをすることが出来る。
オフでは全試合選出した。

ヤドラン@メガストーン
性格:図太い
技構成:熱湯 怠ける 冷凍ビーム 電磁波

物理に対して滅法強いポケモン。
メガガルのグロ噛み砕くに対して弱いのでメガヤドランなら受けられるのではないかと思い採用をした。
結果、グロに対して受けだしが間に合わず、突破されてしまった。
もう少し選出を考えるか攻撃的なポケモンを採用すべきだと改めて思った。

ラティオス@ラムの実
性格:臆病
技構成:身代わり 瞑想 流星群 サイコショック

本来この枠はゴチルゼルだったが、スカーフトリックは不安定で見せ合いで警戒され易くなっている。
最近では身代わり持ちのクレセリアや物理受け毒ボルトも多い。そこで、それらのポケモンに対しても安定して起点に出来るラムラティオスを採用。
今回の構築は水を三匹採用しているので、ボルトを誘い易く上手く機能することが多かった。
調整はラティラティ構築で有名な2200の人のを参考にした。

サーナイト@メガストーン
性格:ひかえめ
技構成:ハイパーボイス アンコール でんじは サイコショック

悪に対して強く、竜の一貫を切れるサーナイトを採用。
アンコールは非常に強く、遅いポケモンの積みを阻害するのに非常に役に立った。

スターミー@クラボの実
性格:臆病
技構成:ねっとう れいとうビーム ミラータイプ 自己再生

マンダ構築に対しての回答枠
マンダマンムーに対して強く、ナットレイやヒートロトムに対してミラータイプをすれば完封することが出来る。
クチートに対しても選出したい為、もう少し耐久に振った方がいいのではと感じた。

カラマネロ@カゴの実
性格:意地っ張り
技構成:ねむる ねごと はたきおとす 馬鹿力

エスパー統一はギルガルドに対して弱いため、強く出れるカラマネロを採用。
確かにギルガルドに対して弱いが、最近の環境には比較的少ない。
少ないポケモンに対して一つ枠を裂くより、他の構築に対しての汎用性を高くした方がいいのかもしれない。


今回はヤドランヤドキングでサイクルを組み相手を受け流すという軸で構築を組み、考えが上手くはまって予選全勝を取ることが出来た。
しかし、決勝トーナメント一回戦ではとんボルチェンに辺り見事に完封されてしまった。
他にも毒構築に対して崩されてしまうため、もう少し対策を考えて構築を練っていきたいと思う。








【シーズン3使用構築】鬼火コントロール【最高2148 75位】

いつのシーズンの記事だと思われますが、今書かないと多分書く機会ないなぁと思って。
ただの自己満足記事です。
6世代統括記事を書こうと思いましたが、中々成績を残してるレート帯がなかったので・・・

当時の環境を知りたいという方だけどうぞ。

シーズン3といえば、鉢巻アローや弱点保険ギルガルドが沢山いた時代。今から2年半前になるそうですww
特にこの頃はおかゆガブというAD鉢巻が存在する程、ガブリアスが鉢巻を持っていたこともあり、クレセリアを後出ししても突破されることが多々ありました。

当初は中々勝てなかったためブログ探しをしていた所、この記事で鬼火ゲンガーが中々強いということを知り、このポケモンを軸に構築を組みました。

ダウンロード (1)




固体解説




20151018230344.gif

ゲンガー
性格:臆病
技構成:鬼火 まもる シャドーボール ヘドロばくだん

今では見かけることはない、HBS守るメガゲンガー。
鉢巻ファイアローのブレバを確定で耐えることが出来る優秀なゲンガー。
ゲンガー対面には素だと抜かれているため、メガ進化してから上から殴るという戦法を取っていました。
HSメガゲンはゲンガーのシャドーボールを高乱数で耐えるため、有利対面を狙うことが出来ます。
守るは相手のガブリアスが拘っているか拘っていないかを判別する非常に便利な技でもあり
逆鱗から入ってくるガブリアスに対してはマリルリにバックして起点にするという方法を取っていました。
鬼火は守ると組み合わせてダメージレースを稼いだり、後続のマリルリの起点補助に使う等便利な技だと思いました。



azumarill.gif


マリルリ@オボン
性格:意地っ張り
技構成:じゃれつく たきのぼり はらだいこ アクアジェット

昔は当たり前だったHAマリルリ。
最初は記事の通りのとつげきチョッキだったのですが、ローブシンの方が対面性能が上だったのでチョッキをローブに移すことに。
特に強かったのが鬼火からの腹太鼓で、XYの時代は今と違って耐え調整するポケモンも少なく、3縦をかますということも多々ありました。
当時は腹太鼓アクジェ対策としてロトムやバナが沢山いましたが、それでも強かったです。
2140の大台にあげてくれたのもこのマリルリが活躍してくれたというのが大きいです。



kangaskhan-mega.gif

ガルーラ@ガルーラナイト
性格:陽気
技構成:グロウパンチ 岩雪崩 おんがえし じしん

クレセリアを無償突破する為にグロ雪崩。地震はギルガルドに対する唯一の打点。
当時の雪崩は非常に強く、環境に多かったギャラやサンダーに刺さっていました。
ギルガルドに対しても雪崩から地震という強引突破も狙えるので、中々強かったです。



cresselia.gif

クレセリア@ゴツゴツメット
性格:図太い
技構成:れいとうビーム でんじは つきのひかり 三日月の舞

グロ雪崩で突破するガルーラが非常に多かった為、足を縛るために電磁波を採用。
電磁波は後続のガルーラの雪崩の補助になってくれるので凄い便利でした。
XYの頃は月光乱舞クレセが非常に多く、ガルクレセといえば三日月という感じでした。



heatran.gif

ヒードラン@残飯
性格:臆病
技構成:噴煙 まもる どくどく 身代わり

多分今では見ることはないと思われる最速HSヒードラン。
ギルガルドや鉢巻アローが多かった為、非常に役に立ってくれました。
特にギルガルドに対しては守る身代わりで思考回数を稼げるので非常に強かったです。
噴煙の枠ですが、当時の僕はマグマストームの強さは知っていましたが、命中不安すぎると思っていたためあえて採用していませんでした。
その結果、ゲンガーに対して滅びで持ってかれて行かれることが多々あったので噴煙よりもマグストと思うようになりました。



conkeldurr.gif

ローブシン@とつげきチョッキ
性格:意地っ張り
技構成:はたきおとす れいとうパンチ ドレインパンチ マッハパンチ

ガルガブゲン対面に非常に強いローブシン
1:1を取れるだけでなく、クレセのゴツメもはがすことが出来るので非常に強かったです。
この頃はロトムの鬼火でガルーラを機能停止にさせるということが多かったので根性武神は凄い刺さっていました。



基本選出はマリゲンドラン、ガルクレセドラン、ガルクレセローブの選出が多かった気がします。
最後まで雑な文章にお付き合いくださりありがとうございましたー。

1111111

過去の栄光・・・











6世代を振り返って見て

ORASお疲れ様でした。

6世代のレートを3年通して思ったことは、環境の変化が非常に早いという所。
前シーズンでは上位を取った構築も次のシーズンではメタを貼られて上位に行きづらくなる。

自分がその事に気付き始めたのは多分12シーズンくらいを過ぎてからだろうか。
XYの頃はガルクレセが筆頭で、崩す手段としてはゲンガー、鉢ガブ、ギルガルド、グロガルーラくらいしかなく
今のような崩し要素は存在しなかった。
捨て身も当時はそこまで流行してなく、秘密も存在しなかった為、クレセリアを突破できないから降参という光景をよく目にした。

ORASになってからキノガッサやサザン等で崩したり、状態異常にしてスリップダメージで殺すという手段が数多く登場した。
疑問に思うのは何故XYから、これらの方法が開拓されていなかったのだろうという所。
考えても結論は出てこないが、多分XYより時間が経っているから答えに気付いたという感じだと思う。

自分はXY中盤~ORAS序盤にかけて余りポケモンをしていなかった。
XYシーズン1で2080、シーズン3で2140で100位以内を達成した為そこでの満足してしまったというのが大きいと思う。
他にも就職もあって中々手に付かなかったというのもある。

多分真面目に取り組み始めたのはシーズン11を過ぎてからだろうか。
対戦してみると色々な構築や戦術が新たに登場しており、勝つことが以前よりも難しくなった。
今まで普通に勝てていたことが勝てなくなる。それは非常に悔しいことであり、劣等感に苛まれることも多々あった。

確かに中々勝てはしなかったものの、環境が変わっていくことが非常に面白く感じた。
五世代の頃は雨、砂、サイクル、スタンくらいで殆ど決まった形しかなかった為マンネリのような感じがしていたからだ。
(僕がもしかしたら真面目に取り組んでいないからというのがあるのだろうか)
6世代はそう考えると全く飽きなく、結論がないゲームだと思った。

サンムーンはどうなるのだろうか。メガ進化がなくなりますとか言われたら絶望しかないが
メガ進化続行だったら今以上に楽しいゲームになると思う。






シーズン17使用構築 CDG4  最終2012

シーズン17お疲れ様でした。
今期は自分の6世代の最高レートである2148を越えるつもりで頑張ってきました。
ですが、実力が足りなかった所、情報不足感があり2100を越えることが出来ませんでした。
良い成績は残すことが出来ませんでしたが、最終シーズンということで簡易的に書きます。

ダウンロード


固体解説




kangaskhan-mega.gif

ガルーラ@ガルーラナイト
性格:やんちゃ
実数値:(メガ進化前)191-159-110-72-90-113
      (メガ進化後)191-192-130-92-108-123
技構成:ねこだまし ひみつのちから ふいうち れいとうビーム

マンダ構築やカバ展開に対する駒。
今まで無邪気ガルーラを使っていましたが、ガルガル対面不安、ゲッコウガがいると選出を躊躇ってしまう所があった為
それに対して安定して選出することの出来るやんちゃガルーラを採用しました。
耐久は珠ゲッコウガの桁繰りを高乱数耐え(12.5%)。
ねこ捨て身ではなく秘密にしたのは、秘密の方が生存率が高く運勝ちを狙えるため。


cresselia.gif

クレセリア@ゴツゴツメット
性格:図太い
実数値:227-x-189-95-151-105(理想値を記載しております)
技構成:サイコキネシス つきのひかり でんじは どくどく

一般的なクレセリア。最初は身代わり毒での採用でしたが、ルカリオ構築に対して積みを許してイージーウィンされてしまう為電磁波を採用しました。
起点にしてくるポケモンが相変わらず多かったので立回りを要求されることが多かったです。


20151018223234.gif

ガブリアス@拘りスカーフ
性格:意地っ張り
実数値:183-200-116-x-105-154
技構成:逆鱗 炎の牙 ストーンエッジ 地震

特に特筆することのないスカーフガブリアス。対面系の構築には積極的に出していきましたが、サイクル構築においては選出は控えめ


heatran.gif

ヒードラン@残飯
性格:穏やか
実数値:197-x-127-152-172-98(理想値を記載しております)
マグマストーム 鬼火 大地の力 守る

ゲンガーボルト等の対面になった時の便利な引き先役として使っていました。
不利体面のスイクンにもある程度突っ張ることが可能なので、積極的に選出してたのですが、命中不安を採用しているので運負けで落とす試合が非常に多く、構築の欠陥と感じました。


gengar.gif

ゲンガー@命の珠
性格:臆病
実数値:135-x-81-182-95-178
技構成:凍える風 気合球 シャドーボール 道連れ

対面から大抵のガルーラを葬ることが出来る気合球ゲンガー、。マンダ対策に凍える風を採用。
当てればイージーウィン出来るポケモン。気合球を当てたり、同即勝負で勝ったりと非常に信頼出来るポケモンでした。



breloom.gif

キノガッサ@気合の襷
実数値:135-182-101-x-80-134
技構成:キノコの胞子 種マシンガン マッハパンチ がんせきふうじ

クレセドランは積みを許してしまうことが非常に多く、それに対するストッパー役として襷キノガッサを採用しました。
ウルガゲンガーボルトにも対面でも勝てる可能性があるだけでなく、運がよければクレセリアも突破可能という点も良かったです。


最高レート2016 最終レート2012
SMでは、もっと情報収集能力を高め命中不安に頼らないような綺麗な構築を作っていくよう頑張って行こうと思います。
雑な文章ですがありがとうございました。









 | HOME |  »

プロフィール

toumapoke

Author:toumapoke
訪問ありがとうございます。

成績
BW2最高レート1806
XY最高最終レート 2148
oras最高レート2056 最終レート2012
SM最高レート 1930 


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (17)
ポケモン (10)
レート (1)
対戦オフ (2)
エスパー統一 (0)

カウンター


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。