幸運という名の幻想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6世代を振り返って見て

ORASお疲れ様でした。

6世代のレートを3年通して思ったことは、環境の変化が非常に早いという所。
前シーズンでは上位を取った構築も次のシーズンではメタを貼られて上位に行きづらくなる。

自分がその事に気付き始めたのは多分12シーズンくらいを過ぎてからだろうか。
XYの頃はガルクレセが筆頭で、崩す手段としてはゲンガー、鉢ガブ、ギルガルド、グロガルーラくらいしかなく
今のような崩し要素は存在しなかった。
捨て身も当時はそこまで流行してなく、秘密も存在しなかった為、クレセリアを突破できないから降参という光景をよく目にした。

ORASになってからキノガッサやサザン等で崩したり、状態異常にしてスリップダメージで殺すという手段が数多く登場した。
疑問に思うのは何故XYから、これらの方法が開拓されていなかったのだろうという所。
考えても結論は出てこないが、多分XYより時間が経っているから答えに気付いたという感じだと思う。

自分はXY中盤~ORAS序盤にかけて余りポケモンをしていなかった。
XYシーズン1で2080、シーズン3で2140で100位以内を達成した為そこでの満足してしまったというのが大きいと思う。
他にも就職もあって中々手に付かなかったというのもある。

多分真面目に取り組み始めたのはシーズン11を過ぎてからだろうか。
対戦してみると色々な構築や戦術が新たに登場しており、勝つことが以前よりも難しくなった。
今まで普通に勝てていたことが勝てなくなる。それは非常に悔しいことであり、劣等感に苛まれることも多々あった。

確かに中々勝てはしなかったものの、環境が変わっていくことが非常に面白く感じた。
五世代の頃は雨、砂、サイクル、スタンくらいで殆ど決まった形しかなかった為マンネリのような感じがしていたからだ。
(僕がもしかしたら真面目に取り組んでいないからというのがあるのだろうか)
6世代はそう考えると全く飽きなく、結論がないゲームだと思った。

サンムーンはどうなるのだろうか。メガ進化がなくなりますとか言われたら絶望しかないが
メガ進化続行だったら今以上に楽しいゲームになると思う。






スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

toumapoke

Author:toumapoke
訪問ありがとうございます。

成績
BW2最高レート1806
XY最高最終レート 2148
oras最高レート2056 最終レート2012
SM最高レート 1930 


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (17)
ポケモン (10)
レート (1)
対戦オフ (2)
エスパー統一 (0)

カウンター


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。