幸運という名の幻想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棋力アマ二段によるポケモンと将棋の違い (1) 読みについて

なんか暇なので今日はポケモンと将棋の違いを考えていきたいと思います。

よくポケモンは将棋に例えられることが多いですよね?
運負けに対して文句言うと「じゃぁ将棋やれよ。運になんか左右されないから」とか言う人もいるくらいです。

確かに将棋は運に左右されません。
完全に実力主義なので、逆転劇なんて殆どありません。あったとしたら、相手の見逃しとか相手が変な手打ったりとかでしょう。
ですが、将棋とポケモンでは明確な違いがあります。


それは、読み方の違いではないでしょうか。
ぱっと思いつくだけでも二つあります。


まず、対戦相手の行動に対する読みです。
僕も将棋打つ時はそうなのですが、いくつかの手筋を考え、それに対策を考えます。
将棋は自分の番、相手の番があるので考えもしなかった行動をされても対処が出来ます。つまり安定行動が最善なのです。
この安定行動が将棋でいう定石にあたります。

ポケモンでは一つのターンに相手の行動、自分の行動が起こります。
安定行動という概念が存在しません。安定行動をしようとすると相手に悟られるため、逆に安定行動をした結果不利に陥る可能性があるのです。
この状況を例えると、釣り交換がそれに当たるのかもしれません。


次に二つ目の読み方の違いです。
ポケモンでは将棋と違う難しい所があります。


それが型を読むこと。(なんて例えたら良いんだろ。わかんね)
将棋と違って、ポケモンはぱっと見で分からないため、想定されるいくつかの型を考えなくてはありません。
例えばボルトロス。
ボルトロスは珠、悪巧みオボン、ゴツメ等非常に多いポケモンでもあります。

ここで、H無振りガルーラとボルトロスが初手対面したとしましょう。裏にはクレセリアがいます。
普通であればガルーラ側は突っ張ります。
ですが、ここでボルトロスが珠きあいだまを打ってきたとしましょう。
ガルーラは ダメージ: 174~205 割合: 96.6%~113.8%の 乱数1発 (75%)で落ちてしまいます。
そうなると不利体面になりますよね?

では今度はクレセリアに交代しましょう。クレセリアならボルトに一撃で落とされる心配はありません。
ここでボルトロスは普通に10万ボルトを打ってきます。クレセリアは普通に耐えます。
その後ボルトロスはクレセリアの前でわるだくみを積みます。
クレセリアはボルトを倒すことが出来ず、積みを許してしまうことになるのです。(どくどくじゃ厳しい感じがするんですよねぇ~、こごかぜがあればなんとか)
こうなってしまうと読み合いでどうにか切り抜けないと厳しい状態になってきます。

では何が正解なのでしょうか?
多分、それは人それぞれだと思いますが、一つの正解の中に【型を切ること】があると思います。
「珠ボルトできあいだま打ってきて、当たったら事故だって~www」と割り切るのです。

これが将棋と明確に違う所だと思います。
将棋では沢山のパターンを考えても損ではありません。
ですが、ポケモンではあらゆる事象を考えすぎると負け筋に繋がる可能性があるのです。なので自分の中で割り切ったりする必要性があるのです。






なんか書くのに疲れてきたので今回はここまでで。
ポケモンって難しいゲームなんだなぁと感じさせますね。

ちなみに僕の棋力は初段()です。当時初段二段に勝率7割キープしてたし、二段でも良いよなぁ!!?





スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

toumapoke

Author:toumapoke
訪問ありがとうございます。

成績
BW2最高レート1806
XY最高最終レート 2148
oras最高レート2056 最終レート2012
SM最高レート 1930 


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (17)
ポケモン (10)
レート (1)
対戦オフ (2)
エスパー統一 (0)

カウンター


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。