幸運という名の幻想

≫ポケモン

ORASガルーラの歴史を振り返る【シーズン6~10】

さて、前回に引き続きシーズン6以降のガルーラの紹介をしていきます。

今回はシーズン7~10の紹介。12までと言っていたなあれは嘘だ(ごめんなさい)
グローバルリンクと滝ポケさまを引用して書いていきます。
ガルーラの歴史を読み解くとか言ってますが、環境を見ていくになりそうです。色々とすみません。



【S7 ガルーラ】
7.jpg

メガ進化ポケモンも加わり、環境も劇的に変化をしました。
ガルーラの技も変化が出てきて、ねこふい捨て身地震が上位を占めるように。
一番驚きなのが、メガガルよりもマンダの方が使用率が高いということですね。
この頃からカバルドンの優秀さが注目され、ガルカバ構築が上位に食い込むようになります。

受けループが上位に食い込み毒びしゲッコウガ構築という面白いギミックの構築も出ました。この頃から毒を使い猫だまでスリップを稼いでいくという構築が徐々に出るようになりました。

ポケモンランキングは
ガブリアス、ファイアロー、ギルガルド、ゲンガー、ロトム
ボーマンダを意識してかギルガルドとロトムが上位に食い込みましたね。
ゲンガーも凍えるかぜを持つようになります。

ランキング一位はみょんさん
S7シングルレート2215達成メガアススタン
思ってもないメガアスが成績を残したことで、メガアスが注目を浴びるようになります。



【S8 ガルーラ】
8.jpg

今まで岩雪崩よりれいとうパンチの方が採用率が低かったものの、シーズン8ではれいとうパンチが雪崩を上回るようになります。
雪崩の採用率が減った理由としては
・クレセリアを突破するための203ガルーラが開発されたこと
・カバルドンに対しては岩雪崩よりもれいとうパンチの方が通りが圧倒的に良いこと
の二つだと思っています。
ねこよりもグロの方が採用率があがってるのはガルーラでカバルドンを見ることが多くなったということだと思います。

シーズン8はポケモンの中でも一番カオスなものとなっており、2300が出た伝説のシーズンといえます。
環境としても劇的に変わっています。文才がないので箇条書きになりますが、すみません。

・マンダ構築の確立。
今まで曖昧でしたがマンダマンムーウルガスイクンほぼ中身が確立してきました。ジャローダもあまのじゃくを引っさげてレートに復活、マンダギミックに加わることになります。
・ヤミラミ構築の確立。
シングル厨でヤミラミスタンダードが成績を残し、現在のヤミドランの原型が出来ました。
・サザングロス構築の確立
ペラさんがサザングロスで成績を残しました。
・フーディン構築の確立
ライカさんがフーディン構築で成績を残しました。
この影響でフーディンのアンコかなしばり型が流行し始めます。

ポケモンのランキングは
ガブリアス、ゲンガー、ガルーラ、ファイアロー、バシャーモ
初めてバシャーモがランクイン。この頃のバシャーモはラムや襷ではなく6割がメガでした。

ランキング一位はGeekさん。
ブログは消去されてしまいましたので現在見られません。
並びは ガルーラ ガブリアス ファイアロー ゲンガー スイクン ギルガルド
記事を見たことがないので、どういう構築かは分かりませんがゲンガーが催眠術を使う構築だったそうです。
Geekさんの構築を解説する記事があったので、それを載せておきます。
Geek型対面構築についての考察



【S9 ガルーラ】
9.jpg

今までXYシーズンでも必須だった地震が下がり、捨て身が一位に。グロ捨て身ガルが非常に多かったことが分かりますね。
他の技の%が下がっており、ガルーラの技が固定されてきた感じがします。
環境はシーズン8と余り変わってはいませんが、ぼとるんさんがクチートブルンゲルで結果を残し、クチート界隈でブルンゲルが流行るようになりました。
ランキングトップ12の中にスイクンが登場。マンダマンムースイクンの影響や、スイクン自体がカバルドンに対しても強いというところからだと思われます。この頃のスイクンはゴツメとカゴが半々程、クレセとは違った物理受けとして活躍するようになります。

ポケモンランキングは
ガブリアス、ゲンガー、ガルーラ、ファイアロー、ギルガルド

ランキング一位はかみんぽけさん
S9使用構築 



【S10 ガルーラ】
10.jpg

技は前回と殆ど変わらですが、注目すべきところはれいとうビームの登場でしょうか
ゴツメカバの接触を避けるためにれいとうビームを搭載するガルーラが増えてきました。
環境も変わっており、ランドロスボルトロスが6位にランクイン。ボルトランドコントロールが、また増えてきた感じが見られます。
スイクンやクレセリア起点にするために図太い悪巧みボルトが徐々に増えてきました。マンダアローも受けることが出来るのも強みですね。ちなみにオボン所持率は5割。
悪巧みオボンボルトの登場、スイクンなどの増加により厨パがこの頃から登場します。

ポケモンのランキングは
ガブリアス、ゲンガー、ガルーラ、ファイアロー、ランドロス
なんとランドロスがトップ5にランクインしました。

ランキング一位はショコラティさん
シーズン10最終1位 レート2211



今回はここまで。
長く雑な文章にお付き合い頂きありがとうございました。

有名物理受け等を起点にするポケモン 一覧

今期もレートお疲れ様でした。
2000くらいになったら記事でもと思いましたが、そんな実力全くないので今回は別の記事を。


最近ではカバルドン、ナットレイ、クレセリア、スイクン等の物理受けポケモンが多く
火力の無さを逆手に起点にして、全抜きを狙うポケモンが徐々に登場してきました。
今回は物理受けを起点にするポケモンを簡単に紹介していこうと思います。





キノガッサ
breloom.gif

言わずと知れた。胞子ポケモン。
剣の舞からの種マシンガンとマッハパンチの威力はもはや説明不要でしょう。
襷を持たせれば殆どのポケモンを起点に出来ます。

【起点に出来るメジャーポケモン】
カバルドン クレセリア スイクン ナットレイ ヒードラン 等々

【参考記事】テンガッサ
【S12最終2100達成】ゲンガナンス偽装対面積みサイクル【TENGAナンス】


ファイアロー
talonflame.gif

剣の舞からの先制ブレイブバードを打つ、頭のおかしいポケモン。
2舞した後の珠ブレイブバードはHBクレセリアを乱数一発で落とす火力を誇ります。

【起点に出来るメジャーポケモン】
クレセリア ヒードラン ナットレイ スイクン(振ってないスイクンであれば起点にすることが出来るかも)


ギルガルド
aegislash.gif

シールドフォルム時の高い耐久であらゆるポケモンを起点にすることが出来ます。

技構成は みがわり 剣の舞 かげうち せいなるつるぎ

シングル厨ベスト4のショコラティさんが使用していました。
最近僕が押してる起点ポケです。

【起点に出来るメジャーポケモン】
クレセリア ナットレイ スイクン ヘラクロス ニンフィア サーナイト 等

【参考記事】
残飯剣舞ガルド単体考察



メガギャラドス・ギャラドス

gyarados.gif

※メガギャラドスの画像が見つからなかったためギャラドスになりました。

悪水という優秀なタイプから身代わりを張ることでスイクンやクレセリア等を起点にしていきます。
メガ無しギャラでも耐久に振ればクレセスイクンを起点に出来る他、威嚇を入れれば振り方次第ではナットレイも起点に出来るので結構汎用性のあるポケモンだと思います。

【起点に出来るメジャーポケモン】
クレセリア ヒードラン スイクン ナットレイ カバルドン

【参考記事】
【XY】竜舞メガギャラドスの調整

シソーギャラドス
ギャラドスについてと調整案


メガラティオス

latios.gif



ガルーラ対面でふいうちで確定で落とされる、メガしても素早さも上がらなければ火力も眼鏡の劣化と言われていたメガラティオス君ですが、シーズン15でクレセドランを起点にするポケモンとして使われるようになりました。
拘り持ちと勘違いされやすく、ラティハッサムと並べるとハッサムの影に隠れやすくなるためメガラティオスを通しやすくなるのもポイント。

技構成は 身代わり めいそう りゅうせいぐん サイコショック

【起点に出来るメジャーポケモン】
ヒードラン クレセリア カバルドン

【参考記事:】
【最高レート2124】メガラティオスゲコガルド【シーズン15使用構築】

s15最高最終レート2211(17位) ~おおぞらをとぶ~奇形メガラティオスハッサム


ルージュラ

jynx.gif

何故ルージュラ?と思う人が多いと思いますが、ルージュラはクレセスイクンに強いポケモンです。
特性の乾燥肌は水を無効にすることが出来ます。氷もエスパーも半減に抑えることが出来るのでスイクンやクレセの前でも安心して身代わりを貼り悪巧みを積むことができます。
Sも95もあるので安心して上から叩くことが出来ます。
しかし、ルージュラはB耐久が非常に脆いため、身代わりを貼っていてもガルーラで縛られるなどの不安定な所があります。
非常に難しいポケモンです。

【起点に出来るメジャーポケモン】
クレセリア スイクン

【参考記事】
【シングルS14使用構築】ロックを相手のボルトにシュゥゥゥーッ!!【最高2062 最終2008】



他にも紹介したいポケモンは数多くいますが、gdってしまうのでここまで。
雑な文章に付き合ってくださりありがとうございました。

【めーポケ使用】厨二病エスパー統一

3/5日に行われためーポケオフで使用したエスパー統一。
5人ブロックで、2-2という超微妙な成績で予選落ちという、う~むな結果で終わってしまいました。


何故、この構築を使ったというとエンジョイオフだからというのと、数週間前にレートで使ってた構築が2000チャレンジ手前で爆死してレリセして構築がないという、それだけです
エスパー統一は昔から使っている唯一の種族統一なのですが、認識としては統一パの中では中の下くらいに位置していて全敗必須だと思っていました。
ですが、プレミさえなければ予選通過をほぼ出来てたと思う辺り、自分の実力不足を再認識しました。
運負けツイート以前の問題ですね。精進することに致します。

ダウンロード (2)

細かく書くほどの構築ではないと思うので、配分は割愛します。

固体解説


サーナイト@メガ 控えめ
ハイパーボイス サイコショック でんじは アンコール
ボックスの中にいたサーナイト。
厨パにある程度強いであろう穏やかオボンサーナイトを使おうと最初は考えていましたが、火力も強いメガサーナイトも捨てがたいと思い最終的にメガに。
メガをしなくても腐らないようお仕事も出来るように電磁波アンコールを採用。
試合では電磁波アンコールでガルーラのふいうちを縛り、枯らそうと考えていましたが、回数を数えるのを間違え、三縦をくらい負け。結構頑張ってくれました。


メタグロス@メガ 意地っ張り
バレットパンチ しねんのずつき アームハンマー れいとうパンチ
ボックスの中にいたメタグロス。
一致二つに、初手メガガルを一撃で倒すことが出来るようにアームハンマー、メガボーマンダ等の四倍弱点ポケモンに打点のあるれいとうパンチを採用。
メガゲンガーのシャドーボールが中乱数らしいので、もう少しHに裂いて対面性能を高くしようと思っています。


ゴチルゼル@スカーフ 臆病
トリック 瞑想 ねむる サイコショック
他のポケモンでは受けポケを潰すことが出来ないためにスカーフを採用。
主にクレセリア、カバルドン、スイクン等を機能停止にします。
勝った試合に選出して役割を遂行してくれたので、普通の構築に採用するのもありなのかもしれません。
素の素早さでは、他のポケモンに勝てないため、積んでも三縦はほぼ不可能です。


スターミー@ラムの実 臆病
ねっとう れいとうビーム ミラータイプ じこさいせい
不利なタイプに対して、ミラータイプをすることにより不利体面を克服しようとしたスターミー。
カバ対面でのあくび対策を兼ねてのラムを持たせました。
ボルトが電磁波を撒いてくれば、ミラータイプから一応勝つことも出来ます。(10万は無理らしい)
ガルクレセサザン構築を少し考慮し、サザンの眼鏡悪の波動をミラータイプ後、高乱数で耐えるように調整。(流星から入られると死にます)
途中でミラータイプラティアスを使えばメガクチートでも互角に渡り合えると知り、育成しようと思いましたが、そもそも持ってない上に時間もないので断念。
この子はほごしょくを使って、素ゲンガーの対面で勝つようにしたほうが良かった気がします。


ヤドキング@おだやか チョッキ
ねっとう サイコショック れいとうビーム イカサマ
某エスパー統一のブログを参照にしたヤドキング。メガゲンガーや珠ボルトの10万ですら2発確定耐えという驚きの耐久を持っていました。
ですが反面物理に脆いので、仕方ないといえば仕方ない。


クレセリア@ゴツゴツメット
トリックルーム サイコキネシス つきのひかり みかづきのまい
どこにでもいるゴツメクレセリア。やはりガルーラに対しての安心感が物凄く、ほぼ選出していた気がします。
トリックルームを採用している理由としては、サーナイトと組み合わせることにより擬似クレセニンフのような運用が出来る点。
加速バトン対策にある程度強いと思いました。


まとめ


受けに回るとサイクルが崩壊したときに無双をされるというのが、現環境だと最近認識しているので、少しアタッカー気味のエスパー統一にしました。考え方的には悪くなかった気がします。
ですが、ゲンガーを意識しすぎた結果、鉢巻バンギラスに完全にPT崩壊されるなど辛い部分がありました。
思ったよりも戦えるPTだったので、少し煮詰めて行こうかなと思います。







【S13使用構築】Adamsファンによるシュカバシャーモ入り積みサイクル【最高レート2004】

久々の記事投稿。
レートも一区切りつき、oras入って初めてレート2000を達成したので構築記事を書こうと思います。


長かったぁ・・・。XYシーズン3,4以来になりますwww 2000越えたのww
今回紹介するのはタイトルどおりアダムスさんの構築をほぼパクったものになります。使用時間は最終日の6時間のみ。
その中で1730から2004まであげました。


順位


即席固体でガバガバすぎるので構築参考程度にどうぞ

ダウンロード (1)



固体解説


ガルーラ@メガストーン
意地っ張り
(メガ進化前)H181-A161-B100-Cx-D100-S142
(メガ進化後)H181-A194-B120-Cx-D120-S152
(4-252-0-0-0-252)
技:ひみつのちから グロウパンチ かみくだく ふいうち

なんの変哲も無いメガガルーラ。最初はアダムスさんの構築みたいにSを135まで下げる予定でしたが,育成する時間がねぇ!
ということでこの子に。
ひみつの力は何かと便利で、やはり接触しない技は強いんだなーという印象をうけました。
火力不足感があり、周りのガルーラに負けるのでは?と思ったこともありましたが、周りはひみつのちからだらけで、全然気になりませんでした。
バトン候補の一員ですが、やはりバトンを回さない方が多かったり。

バシャーモ@シュカ
臆病
H184-Ax-B105-C131-D107-S114
(228-x-116-4-132-114)
技:おにび まもる かえんほうしゃ バトンタッチ

アダムスさんのブログ丸パクリポケモン
オボンを持たせるとクレセやスイクンのねっとうサイコキネシスを耐えると書かれていたが、ド素人の僕にはさっぱり分からない。
他にも、ブログにはメガガルーラの地震耐え調整と書かれており、これガブリアスとかでスカーフ地震されたりしたらどうするんだろうと思い、シュカを持たせました。


半減実を持たせたことにより、目の前で舞われても鬼火を当てれば大丈夫な程ガブリアスに対する安心感を得ることができました。
ダメージ計算をすると意地っ張り鉢巻地震を高乱で耐えることが出来るらしいです。(現実では耐えなかった)

オボンを無くすことにより、悪巧みボルトを入れられるようになったらいいなーと思う今日この頃。

ゲンガー@襷
臆病
H135-Ax-B81-C150-D95-S178
(0-0-4-252-0-252)
技:おにび たたりめ ヘドロばくだん みちづれ
ボルトがいないためにクレセリアを採用してたが、やはりお荷物。一度も選出する機会が無かったといっても過言じゃない。
余りにも起点にされやすくタイマン性能も低いため、ゲンガー君に変更しました。
ゲンガー君の使いやすさは尋常じゃなく1;1交換が出来る最強のポケモンだと感じました。

ギルガルド@残飯
穏やか
H161-Ax-B171-71-76-S108
(H204-0-4-4-76-220)
技:シャドーボール キングシールド 身代わり どくどく

バトン先候補。
良いどくどくギルガルドがいなかったため、この子に。
何故この調整になったのかさっぱり不明。
Sは実値105を想定した努力値振り、多分穏やかにした理由は悪巧みボルトを起点にするためだと思います。
でも、身代わりは無振りでも高確率で壊れてしまい、シャドーボールもメガクチートを確定二発まで持っていけないと悲しい。
と思いましたが、案外このギルガルドが突破できなくて降参してくれるパターンもあったので無意味ではないなと思いました。

控えめでどく守した方が強いですよ!

ランドロス@ラム
意地っ張り
H191-A200-B111-Cx-D116-S116 
(212-132-4-x-116-116)
技:剣の舞 地震 叩き落とす 岩雪崩

アダムスさんパクリその2
一番バトンをまわすポケモン。
固体は完全理想でCも30という最高固体だったが、何故か焦ってしまい振り間違いでAが199にw
ボックスの中で肥やしになっていたり、ハイパーボールという糞ダサい固体というのは内緒

バシャとランドロスの相性は非常によく、物理を機能停止にした後に剣の舞をして強引に突破する試合が多く強さを実感できました。
やはり、本家の言うとおりラムの安心感は非常に高く催眠ゲンガーやカバも怖くない最高のポケモンだと思いました。

ニンフィア@カゴ
控えめ
H188-Ax-B97-C177-D151-S-83
(140-x-92-248-8-20)
ねむる 瞑想 ハイパーボイス サイコショック

固体がいなかった為、めざ地ニンフィアの技を変えて採用。
使い心地はよく、結構無双してた機会が多かった気がします。
ガブを抜けていないところに目がいってしまうが、特に不便に感じたことはありませんでした。






感想としましては、結構勝率がよく初心者が使ってもサクサク勝ち進められるような印象を感じました。
終わった頃は1時を過ぎており、生活に差し支えるのが嫌だったので途中で終わらせてしまいました。
今のペースで進めることが出来ていれば2100は行かなくても2000後半はいけたのかなーと思いました。




パージみちづれギルガルド【シーズン12中期使用1963順位80くらい】

ということで今回紹介するのは中期頃に使っていたスタンパに入れていたパージギルガルドです。
え?今期のPT?瞑想し過ぎて終わりましたけど?



無題





ギルガルド@きあいの襷 控えめCS252余りD4
シャドーボール
めざ氷
パージ
みちづれ

普通のぶっぱ。余りDはポリ2ダウンロード対策になります。
ドリームカップで優勝したしきさんが道連れを使ってたので、道連れって案外強いんじゃねって思って使用。
ボディーパージを採用したきっかけはゲンガーのように上からみちづれ連打して択にもって行きたいなと思ったので採用を決めました。
パージを採用しているため最速にしたかったのですが、めざ氷の威力が余りにも残念になるので諦めて控えめ。

この型が強いか弱いかは、はっきり言って微妙。良いとこもあれば悪いところもありです。
普通は倒せないようなガルーラを倒せたり、ゲンガーに対してパージを積んで起点にして上から叩いて二体目まで持っていったり
一般のギルガルドには出来ないことをやっていけるのは非常に魅力的だと感じました。
悪い所といえばかげうちがないせいで襷持ちが持っていけないところ、S積み合戦になったとき必然に起点にされたりするところですね。いや、これかなり致命的ですね・・・
選出率は結構高め。強引に一対一に持っていけることが結構できますので。
使ってみた感想としましては、なんとも。でもこんな微妙そうな型でも頑張れるので採用の余地はあるのではないでしょうか?
型読みに自信がある人にとっては相性抜群だと思います。型が全く読めない僕には無理でしたけどね。



ゲンガーの方が汎用性があって強いんじゃないかと感じた今日この頃でした。





«  | HOME | 

プロフィール

toumapoke

Author:toumapoke
訪問ありがとうございます。

成績
BW2最高レート1806
XY最高最終レート 2148
oras最高レート2056 最終レート2012
SM最高レート 1930 


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (17)
ポケモン (10)
レート (1)
対戦オフ (2)
エスパー統一 (0)

カウンター


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる